どこでもGO

こんな所に行ってみました、あんな所に行ってみました的な情報発信をしていきますね。基本、実際に行った所のみブログします。現場でないとわからないような情報発信を心掛けます。

どこでもGO こうのとり伝説の鴻神社 御朱印、おみくじ、たまごなどユニークすぎる

こんにちは!どこでもGOです!先日、こうのとり伝説の鴻神社(こうじんじゃ)に行って来ました。ここの神社はユニークすぎる!すごいの連発です。どこがユニークなのか、解説します。

 

1. 鴻神社とは 

日本橋から始まる中山道69宿場の第8宿場である鴻巣宿に、雷電社、熊野社、氷川社がありました。明治6年(1873年)にその3社を統合して、鴻三社となり、明治35年(1902年)に鴻神社と社号を変えました。今は、こうのとり伝説を語り継ぐ神社として有名で、縁結び・子授け(子宝)・安産祈願・初宮参り・七五三などでたくさんの人が訪れています。実際、昔この辺は湿地帯だったので、たくさんのこうのとりが飛んできていました。

f:id:kataryuu:20210319154424j:plain

f:id:kataryuu:20210319154256j:plain


2. こうのとり伝説 

昔、むかし、この地に木の神と呼ばれる大きな木があって、人々はその木を神様の木として大切にしていました。 

ある時、こうのとりがやって来て、その大木に巣を作ってたまごを産みました。 ちょっと巣から離れている時に、大きなへびが出てきて、そのたまごを食べようとしました。

 こうのとりは急いで舞い戻り、そのへびと戦いになりました。 結果、こうのとりはやっとの思いでへびを追い払いました。

 その後は、この地には災いもなくなり、平和な日々が続いたので、人々はその木の下にお宮を作り、こうのとりのお宮「鴻の宮(こうのみや)」と名付け、この地の守り神としました。

 

そして、この地は、いつのころからか、こうのとりが巣を作った所として、鴻巣と呼ばれるようになりました。 

 

3. 鴻神社の特徴は9点 

3.1 歩道のプレートがこうのとりで町全体が神格化! 

神社の周りの歩道のプレートには、こうのとりのイラストが描かれています。

f:id:kataryuu:20210319154526j:plain

 

3.2 社殿左右の夫婦銀杏からパワーをいただく!

社殿の左右に夫婦銀杏(めおといちょう)があります。樹齢は500年以上、社殿に向かって、左が雄木、右が雌木です。夫婦円満・健康長寿・子授け安産のご神木として親しまれています。この木にもタッチして、さらなるパワーをいただきましょう!

f:id:kataryuu:20210319155019j:plain


3.3 御朱印がカラーで種類が豊富 !

御朱印は社殿の右手にある社務所でいただく事ができます。通常は朱色のスタンプに黒墨で御朱印帳に直接頂きますが、こちらはあらかじめ用意されたデザインに日付のみ書く、書置き方式です。

この数がすごい!基本25種類の他にも、2ページ物のデザインもあり、全部で30種類もあります。通常は300円ですが、カラーである事で、500円からとなっており、2ページ物や金バーションは1,000円となっています。これら以外にも季節ごとに何種類か用意されますので、ここ専用の御朱印帳にしてもいいですね。

f:id:kataryuu:20210319155330j:plain

 

3.4 御朱印帳もこうのとりデザイン !

御朱印帳も色違いで5種類あります。これはすばらしい!一番右の紫色がオリジナルで、後で、他4色が加わりました。この鋭い眼光に胸を掴まれました!コンプめざしてGO!

f:id:kataryuu:20210319155704j:plain

 

 

3.5 おみくじの種類が多すぎる!

ここの神社のおみくじの数は非常に多く、11種類もあります。

・開運珠付きおみくじ

・天然石入り三角みくじ

・華の筒みくじ

・花ひらく さくらみくじ

 

こうのとり幸せおみくじ

・金運みくじ

・こどもおみくじ

・巾着おみくじ

f:id:kataryuu:20210319160546j:plain

こうのとりみくじ

・きつねみくじ

・アマビエおみくじ

f:id:kataryuu:20210319160711j:plain

 

3.6 たまごで祈願とは!

お願いたまごがあります。これにお願い事を書いて納めると、願いがかなうそうです。戌の日の安産祈願とともに訪れてもいいでしょう。

f:id:kataryuu:20210319160859j:plain

 

f:id:kataryuu:20210319161003j:plain

 

3.7 お守りがたまご!

こうのとりのたまご御守です。このお守りがこの神社の一番です。ご自宅の目に見える所に置いておくと、子授け安産がかないます。

f:id:kataryuu:20210319161124j:plain

 

3.8 お役目を終えたたまごお守りはここへ納める!

お願いが叶ったり、1年以上経った御守を納める所がここです。感謝を込めて納めましょう。

f:id:kataryuu:20210319214213j:plain

 

3.9 絵馬のトンネルに感動!

絵馬は6種類ぐらいあるのですが、圧倒的に多かったのがこのデザインでした。夫婦のこうのとりが卵を見守る、まさに子授け安産祈願ですね。

f:id:kataryuu:20210319161210j:plain

 

絵馬のトンネルがすばらしい!まさにインスタ映えです。

f:id:kataryuu:20210319174005j:plain

 

4. 鴻神社に行ってみよう

いかがでしたか?一度、訪れてはいかがですか?

もちろん、自分で行けますが、できれば、ツアーに参加し、歴史に精通した現地ナビゲーターが同行し、詳しい解説を聞きながら周ると最高です。レシーバー付きなので離れていても、十分聞こえます。

クラブツーリズムで鴻神社を含んだ、JR鴻巣駅に集合・解散のツアーが設定されています。鴻神社のみでなく、歩いて周れる範囲の他の名所・旧跡を訪れます。

検索方法

1. クラブツーリズムHP Topの「国内」ツアー検索

2. 「さらに条件を追加する+」の+をクリック

3. 「キーワード検索(観光地等)」に「鴻神社」

4. 「出発地」の地方名を削除する。つまり、「出発地域を選択する」をクリック

ちなみに、楽天トラベルには設定はありませんでした。

 

5. 基本情報

神社名

鴻神社

住所

〒365-0076 埼玉県鴻巣市本宮町1-9、JR鴻巣駅東口より徒歩8分

電話番号

048-542-7293

参拝時間

参拝は24H、ご祈祷は 9:00~16:30

駐車場

あり

御利益

縁結び・子授け(子宝)・安産祈願・初宮参り・七五三など

例大祭

10月14日

創建

1873年